青汁画像

有名人も愛用している、「青汁の力」

みなさんは青汁と聞いて何をイメージするでしょうか。
たいていの方は「美味しくない」や「苦い」といったイメージを持つのではないでしょうか。
しかし、そんなマイナスイメージばかりではありません。
最近はテレビで芸能人や歌手の方がたくさん飲み方、作り方を工夫してのみやすく利用している姿がたくさん見られます。
昔に比べ、健康志向が高まり、通販などで比較的青汁がてにはいりやすくなったこともあって今ではたくさんの方が選び、飲んでいるようです。
その理由は栄養分が豊富に含まれており、健康にとても良い飲み物であることにあります。
主な成分として、ビタミン、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維などがあります。
血圧やコレステロールを下げたり、免疫力の強化、美肌にも効果があります。
また、中高年だけでなく小さな子どもから高齢者まで男女問わずに利用できる健康食品だというのも特徴であると考えます。
このようにマイナスイメージばかりではありません。
苦くてのみにくい、ではなく美味しくて健康的、そんな青汁をみなさんに知ってもらいたいと思います。
ひとりひとりが自分にあったものを選び、つづけることで健康的な毎日を得ることができるのです。
そのまま飲むのが苦手な人には、ホットケーキやパンに青汁を入れるのがおすすめです。
色は緑っぽくなりますが、味は苦みが一切しないでおいしいです。
では、飲めば飲むほど健康に良いのでしょうか。
それは間違いだと思います。
のむタイミングや飲み方の工夫で変わるのです。
飲むタイミングは絶対にこのときに飲まなければならないという制約はありませんが、一番効果的に摂取できるのはどの時間帯なのでしょうか。
それは空腹時、または朝はやくおきてからが一番よいといわれています。
空腹時に飲むことで、栄養の吸収率をあげ効果をあげることができます。
また、食事の前にのむことでおなかが膨らむので、食べ過ぎの防止にもつながりダイエット効果も期待できます。
そんな青汁ですが、やはりその苦さが苦手な方がいらっしゃるかもしれません。
そんな方には次のような飲み方の工夫がオススメです。
まず1つ目はジュースや牛乳とまぜることです。
これで苦味が緩和され、ずっと飲みやすくなることでしょう。
2つ目は料理やお菓子として材料に使うことです。
お菓子に利用すると抹茶風になるので小さな子どもでも美味しく楽しく食べることができます。
このようにいろんな工夫があり、他にも様々なのみかたがあります。
つまりは飲みやすくして習慣化させることが大切なのです。
ぜひ参考にして自分なりの飲み方をみつけ、続けて健康的な毎日を手に入れましょう。


 ↓青汁の有効成分について            ↓青汁のおすすめの飲み方
        
Copyright(c) 2010 毎日続けて便秘解消 All Rights Reserved.