青汁画像

青汁飲んで毎日快便生活

人間にとって朝は、前日の老廃物を外に出す排泄の時間です。
朝のすっきりを習慣にすれば、毎日快適に過ごせるようになるでしょう。
朝は時間がなくて、トイレに行かないという習慣がついてしまうと、便秘になりやすいので、少しだけ早起きしてトイレタイムをもつように心がけましょう。
朝、習慣化してもスムーズに出ない人は、お通じ力をつける方法を試してみましょう。
お通じ不調でお腹が張っていたり、肌が荒れたり、体の調子がいまいちという人にもおすすめです。
まず、青汁を飲むことから始めましょう。
青汁は、ビタミン、ミネラルをはじめ、私たちの体に必要な成分がたっぷり含まれています。
不足しがちな栄養素を、いつでも手軽に補給できるのです。
まずいイメージがありますが、いま市販されているものは、おいしく飲めるよう工夫されていて、小さなお子さんからお年寄りまで誰もが口にできる飲みやすさです。
素材は、ケール、大麦若葉、桑の葉、ゴーヤ、明日葉などさまざまで、共通するのは、食物繊維、ビタミンやカルシウム、カリウム、リンなどのミネラル類が豊富で、健康や美容にとても良いのです。
青汁を飲んで毎日快便な生活を送れるようにお通じ力を強化しましょう。
お通じ力をつける方法として、一つは、ヨーグルトや乳酸菌飲料をとることです。
これらを食べると、腸の中の善玉菌を増やして、お通じやニオイを改善し、腸を元気にしてくれます。
二つ目は、筋肉をつけることです。
便秘気味の人の中には、お腹の筋肉力不足で、お通じ力が弱い人もいます。
凡田、大腰筋など、お腹からお尻まわりの筋肉を鍛える運動を取り入れてみましょう。
三つ目は、食物繊維をとることです。
豆類やイモ類、野菜類など食物繊維が豊富な食材をしっかり食べて、お通じ力をつけましょう。
もちろん、青汁にも食物繊維は豊富に含まれているので、食べ過ぎてしまった翌日でも、スルスルとしっかりリセットしてくれます。
偏った食生活や運動不足、ストレスなどが原因で便秘がちという人が少なくありません。
そんな人にも、この方法がおすすめです。
仕事が忙しくて食事が不規則になっても、会社仲間や友達との飲み会が続いても、必ず、いつものようにスルスルと出ます。
快便習慣が身についてくると、毎日、笑顔になります。
気軽に出来ることばかりなので、野菜嫌いなお子さんや妊娠中の女性にもおすすめです。
青汁を子供に飲ませてもよいのか気になると思いますが、よほどお腹の弱い子でない限り大丈夫です。
飲み物に入れたり、牛乳で割ったり、大人の人は、お酒で割るのも良いでしょう。
工夫次第で、毎日続けやすくなるでしょう。
子供でも飲める青汁アレンジレシピがこちらにあります。
家族みんなで一日一杯飲んで健康管理していきましょう。


 ↓おすすめの青汁はこちらから          ↓青汁を飲むときの注意点
          
Copyright(c) 2010 毎日続けて便秘解消 All Rights Reserved.